【本レポ】風工房のお気に入り 棒針模様200 「PATTERNS」

学園ショップにてヴォーグ本が15%オフだったので、これを買いました。


中身をざっくり紹介

200種類の模様編みが4つに分類されています。
  • Knit & Purl 表目と裏目
  • Lace レース
  • Cable & Aran ケーブルとアラン
  • Rib & Twist リブ編みとねじり目
…どのカテゴリの模様がどのぐらいあるかは、下の写真のページ数から推測してください(^^ゞ

目次

風工房さんのコメント。
楽しい編み時間を過ごしてこられたのだな〜と羨ましく思ったり

これらの作品の編み方も載っています



このソックスかわいい〜!

パターンに使われている糸の色が、表紙のような彩度高めの真っ赤とか、青緑とか緑とかオレンジとかのハッキリクッキリ系というか、ボーイッシュ?
でも主張の強いハッキリカラーばかりだとパターンブックといえど疲れちゃうので、合間にチャコールやオフホワイト等の彩度低めカラーを入れたり。
ベビーアイテムによくあるパステル系はほぼ無くて、なんかこの“手芸手芸してない”色使いがすごく好きです。

(写真中央の編み図が載っている部分はモザイク処理しています)
この左下の模様と色が好き。
同じ配色でもその右側は「んー?」な感じw 面白い
パステルカラーはこの2点だけw
しかもこのピンクも所々に赤が入っていて、“かっこいいピンク”
裏表紙

※2016年1月4日追記

なんと!Kindle版が出てました!
しかもポイントが20%分もついてきます。
日本ヴォーグ社やるなぁ!嬉しいです。ありがとうございます!
色遊び277の方はまだ買ってなかったのでKindle版で買おうと思います。ふふ。

模様集1000も500もKindle化されてお安くなってます。歓喜!


同シリーズの[色遊び277]にも、すべり目だけでこんなに面白い柄が出来るんだ〜〜!と興奮したパターンがいくつかあったのですが、メインのフェアアイルのページがどうにも刺さらなくて…保留中です(^^ゞ


模様集は、本当は[模様編み1000]がずっと気になっていたのですが、分厚くて重い&モノクロページが多くて、眺めていてあまりウキウキしない。そしてなによりお値段に躊躇…
いや、内容相応のお値段だと思うのですが、今の自分に5,000円の模様編み図鑑が要るか?と問うと、「…ノン」かな、とw 将来電書版が出るかもしれないというのもある。←出ました!Kindle版!!
かといって[模様編み500]は中途半端な気がするし…



[世界の伝統ニット2 アイルランド アランセーター]も良かったのですが、今回はパス。…節約モードなのでw
伝統的なアラン模様の名称と説明…これはキス&ハグを表していて〜とか、六角形の模様→ハニカム→働き蜂→仕事の象徴、というような、その模様の意味まで書いてあって興味深かったです。いつか買いたい。


今回購入した風工房さんの棒針模様200の方にも、伝統的なアランの模様自体は載っているけど、[アイルランド アランセーター]ほど各模様の説明は詳しくはないです。ま、そういう方向の本ではないですしね。


雑記

もう2ヶ月もすれば編み物シーズン=新刊の嵐だろうし、ということで、財布の紐はガチガチです…これでも(^^ゞ

三國さんは今年は本を出されないそうですが、Miknitのキットや編み物グッズは作られているようなので、お小遣いをしっかりキープしておかねば。
(アランカーディガン?!? てことはまた気仙沼ニッティングのあの糸かしら?! キャー!!(驚喜))



このスワッチ?がすごく気になっていて、いつか挑戦しようと画像保存済みなんだけど、もしかしてこれがアランカーディガンの一部だったりするのかな〜〜楽しみ過ぎます。

コメント