“編み図の原稿整理”という仕事

三國さんのこのツイート…

私も編み物関係の仕事をしたいなぁと、漠然とですが思っているので、早速調べてみました。
ぶっちゃけ儲からない、時給に換算したら東京の最低賃金を下回ることもザラ、というようなことが書かれていましたw
…そうですよねぇ。
三國さんのツイートの「人手不足」「引っ張りだこ」に、私も一瞬「おお!」と目を輝かせてしまいましたが(^^ゞ
もし原稿整理という仕事がいわゆる「オイシイ仕事」なのであれば、わざわざ人気作家がこんな風に呼びかけたりはしないですよね。


以前ネットのどこかで、BL関係の仕事(編集者、キャラクターグッズの企画職等)をしている女性達の雑談形式のインタビューを読んだのですが、そこで印象的だった言葉が「“好き”を人質に取られている」。
BL好きでBLの仕事を与えられてるんだからこなせるでしょ、的な感じで、仕事量などがとてもキツい、でもやっぱり好きだから辞められない…と。彼女達お得意の自虐節で語られていましたw
本当に大変そうな様子が伝わってはきたのですが、でもたぶん“好き”を仕事にしたら、どんな仕事もそんな感じなんだろうな、とも思いました。
好きじゃないと出来ない、それぐらい厳しい。

前述の編み図を描く仕事をされている方も、普通にアルバイトをした方が稼げますよと言いつつ、編み図の仕事を続けてらっしゃるのは、ご自分にとって報酬以上の価値があるからなのでしょう。

…というところまで考えて。
それでも、やってみたいと思いました。

ですが、まだガーターの段数もまともに数えられないド素人なので、今は目の前のこと…通っている編み物教室の宿題を頑張りますw


追記

三國さんのつぶやきの反響が大きかったようで、その後すぐに知り合いの編集者さんに問い合わせて、丁寧に解説くださいました。

なんとなく、どの程度の編み物知識が必要なのか見えた気がします。
…そこまでいけるかなぁ(^^ゞ せめてもう少し若ければなぁ…w ←

コメント