Miknitsのニッターズノートがもったいなくて使えないので

表紙の可愛らしさと付録の編みもの道見たさに買ってしまった1冊1,000円のニッターズノート。

もったいなくてホイホイ使えないので、ニッターズノートは当面、三國万里子さんや他のデザイナーさんが編み出した柄や配色を写して保存しておく用に。

そして自分用には、もっと気軽にどんどん書き込んでいけるリーズナブルな価格の方眼ノートを買うことにしました。

いろいろ調べた末、購入したのはこちら…


ツバメノートのSECTION。

方眼ルーズリーフや方眼用紙も考えたのですが、良いデザインの方眼ノートが見つかったので、ノートにしました。
不便を感じたら、ルーズリーフに浮気するかも。

中身は、普通の5ミリ方眼。
ニッターズノートと比べて、線の色が薄いです。

ニッターズノート(左)は10マスごとに太線

大きさは、同じA4ながら、ツバメノートの方がちょびっと長い。
しかしこのマリコメッコ柄はいつ何度見ても可愛い

ノートのページ数はどちらも80ページ。ノートの厚みも同じぐらいかなぁ?
紙の厚さも、触っただけでは特に違いは分かりませんでした。

横から見ると、ツバメノートの方が罫線が揃っていてキレイ(どうでもいい)

本当は、Miknitsの方眼ノートが“ニッターズ”を名乗るのなら、編み図に使われている少し横長の方眼を採用して欲しかったなぁ…だったら1,000円でも納得できるのになぁ…と(^^ゞ


方眼のノート・用紙をリストアップしてみました

サイズはA4以上、方眼はニッターズノートと同じ5ミリで探していろいろ見つけたので、書き残しておきます。

方眼ノート

ニッターズノートと同じ、A3用紙の真ん中を折って糸で綴じたタイプのA4ノート。
見た目にこだわらなければお安いのがいろいろありますが、個人的に買うならコレと思ったのが、ツバメノート
イラストレーターのユニークな絵が入ったThinking Powerシリーズも魅力的ですが、やはりここは大人らしくw 一目で方眼と分かるシンプルな表紙のセクション推しで。


配色用途なら小さい方眼もありかな。こちらは3ミリ。

追記
編みもの教室で1/4サイズの製図をする時に、こちらのルーズリーフ版を使っています。便利です。


リングノートは見開き状態をキープし易くて便利なのですが、捨てる時に分別が面倒なのでパス。

方眼ルーズリーフ

メモや下書き段階の図案には無印のルーズリーフを使っています。100枚200円(税込)とリーズナブル。その分、かなりペラペラですが、ルーズリーフは必要なページだけ持ち歩くことができたり、ページを入れ替えたりできるので、ノートと使い分けています。

コメント