【本レポ】デンマークの暮しから生まれたニット / マリアンネ・イサガー

ニッターさんの評判がかなり良いのと、楽天ブックスのポイントアップが重なったので立ち読みせずにポチ!


いやぁ〜〜〜〜いいっす。いいです、これ。めちゃくちゃ気に入りました!
(気に入り過ぎてAmazonに絶賛レビューを書いてきてしまいました…ちゃんとした言葉で綴るのって難しい…w)

色使いがシック。
すごく上品。

※ここに載せた写真は色が再現できていないので、参考程度に願います…

『大人女子』なんて流行り言葉が恥ずかしくなるぐらい、落ち着いた大人の女性の為の色

amirisuさんがブログで、たくさんあるマリアンネさんの作品の中から日本人向きのものを厳選して色とフィットを調整したと仰ってましたが、まさに!
日本人にも、日本の風景にも溶け込みやすい、わびさびカラーが多いと感じましたw

イサガーさんちの糸が素敵に見えるのは当然なのでしょうけど、「えっ、リッチモア パーセントグラデーションにこんな素敵な色あったっけ?!?」みたいなサプライズもw …いろいろすみませんw

ジェイミソンズだのオステルだのイサガーだのハリスヴィルだの、国内で入手しづらい糸にこだわってる自分がちょっと恥ずかしくなりました。

…でもやっぱりトーキョーショールはイサガーで編みたいですけどw
んでもってやっぱりジェイミソンズも他には替え難いし、オステルもやっぱり欲しいんですけどねww

作品紹介(抜粋)

トーキョーショール

裏表紙にも採用されている本書代表作の一つ。

ちなみに表紙の作品はスカイツリーマフラー。この2作品からも、日本を強く意識した本になっていることが伺えますね〜。
是非指定糸で編んでみたいというか、これでIsagerデビューしてみたいのですが、総重量を計算してみたら495gもあり、軽く引いてますw
車移動がメインの人なら、さっと羽織れて、たぶん暖かくて便利かも…うう。
家用の膝掛けにはもったいないしなぁ…

使用色は9つもあり、材料費もかなり嵩みそう。
amirisuさんで販売されていたキットは16,300円でした。これでも国内ショップとしては破格ですよね。

ちなみに色違いのダークカラーバージョンはRavelryで見ることができます。


ドミノスカート

こちらが前述のサプライズ、リッチモアのパーセント<グラデーション>を使ったドミノスカート。

和のような、ヨーロッパの油絵のような、深い色
個人的に今季はなぜか、これまで全く食指の動いた事がなかったグリーンに惹かれていて、この深い青緑にも目が釘付け…

ただ、アイテムがスカート…
せめてカウルかマフラーに出来ないかな…いや、重い色だから顔から離れた位置にある方がいいのか? と楽しい悩みが発生したり。
ニットスカートはかぎ針編みのものを一つ持っていて、嫌いではないのです。ただ防寒対策が面倒で着る場面を選ぶ為、編んでもなかなか着用機会がなくてもったいないなーと。

この毛糸のこの色が本当にこんなに美しいのか、実物を確認してから考えます(疑り深すぎ)
スワッチすらかわいい。
この編み地というか編み柄って、よく三國さんの作品に出てくる木の模様(ツリー・オブ・ライフというらしいです)に似てますね。気仙沼ニッティングとか、冬の日の編みものの表紙とか。
こぎんで刺してる方もいたり。
布地のヘリンボーン柄とか、何故か好きです。

で、似た(同じ?)編み地の半袖ニットがRavelryにありました。
素敵だな〜と思うのですが、この蒸し暑い京都で夏にニットを着るのは、たとえサマーヤーンでも無理なのですw
編み図は以下の本に掲載されているようです。電子書籍万歳。

使用糸は色番号217が280g(Mサイズ)。SとLサイズはそれぞれ±40g…って、サイズ展開があるのですね。海外パターンにはあるのだと噂には聞いてましたが。
楽天市場>リッチモア パーセントグラデーション

余談ですが、隣の色番号216が今季廃番のようでドキッとしてしまいました。
先日、三國さんのモヘヤセーターに廃番色があることを知ってかなりがっかりしたので、毛糸の色に惚れた場合は早く決断しないといけません。自戒。

ハニーカーディガン

段染めってやっぱり使い方によっては素敵だわ〜〜と思ったら、段染め糸じゃありませんでした。

数種類の色を100〜150cmのランダムな長さに切って、無くなったら次の色、というように繋いで編んでいるようです。ほえー。

でもこのボレロ丈はコーディネートしづらいだろうなぁ〜着ないかもなぁ〜と思ったら、1柄3cm単位で、編みながら好きな着丈に調整してね的な記載が。ほえーw

ただ、配色糸をランダムにカットする為か、配色糸の使用量が書いておらず、総重量は不明。
基本色はIsager Alpacaのベージュ(2s)100gと、Isager Spinniのベージュ(6s)150gの2本取り(使用量はMサイズ)。
配色糸はIsager Spinniの1s、16、7s、8s、39s、52s(一例)。

スワッチや小物で様々な色を試すだけでも楽しそう♪

バスケットセーター

グレー、良い。
…と思ったら、使用糸にパープルって書いてました。えー?w

こういうシンプルなセーターが、意外と手編み本に載ってないんですよねぇ……私の探し方が悪い?(^^ゞ

ただ、セーターの七分袖は好きじゃないので、作るときは手首まで延長したいな、と思ったら、『袖丈25cm、または好みの長さ』と書いてました。

このカスタマイズ性の高さというか、「これはこの袖丈じゃないと私のデザインじゃない〜」みたいな変な“我”の押しつけが無くて、すごく良いですねぇ。海外パターンの特徴なのかマリアンネさんのスタイルなのか分かりませんけど。

指定糸はホビーラホビーレのリンネットウールのパープル(07)が300g(Mサイズ)
七分袖のデザインらしく、ウール80%・リネン20%の秋向け素材ですね。

1,180円/40g……(;´Д⊂)
長袖だと8玉…では足りない?

…リネンが入ってる必要はないから、編むなら別の糸かな〜。
ちなみにリンネットウールは150m/40gの中細。


シュガーカーディガン


地味なんですが、奇をてらってなくて良いなぁ〜と。
他の色と喧嘩しない合わせやすい色で、腰やお腹が出ない丈で、首回りもシンプルで軽い。
たぶん日常の中で使い易いのはこういうのだよね〜と思ったら、叔母さんが長い間着用されていたもののアレンジのようです。

モデル着用写真がないので、ちょっぴり不安はあるのですが(^^ゞ
もしかしてプロのモデルが着てもちょいダサなのか? プロのスタイリストをもってしてもコーディネートしづらいのか? …とかw

シンプルなデザインだけに、きれいに編めるようになったら、リッチな糸で丁寧に編みたい。

指定糸はIsager Tweedのグレー(Granite)をMサイズで400g。
着丈はMサイズで55cm(または好みの丈)。

amirisuさんでは、色違いのライトグレーのキットが販売されていました。
糸はIsager TweedのWinter Skyを8カセ(Mサイズ)で12,400円。

ケーブル模様のマフラー

この引きの写真を見て、あーアメジスト系ねハイハイ、と、さらっと流しかけたのですが…

左ページのアップの写真に見とれてしまいました。

き、きれーー! なんて美しいグラデーション!!Σ(°Д°;)
ちょ、どこの糸よー?と思ったら、また国内糸でした。まじで〜?w

パピーのアルパカリミスト(716)とキッドモヘヤマルチ(801)の2本取り。

アルパカリミスト…こんなウミヘビみたいな気持ち悪いシマシマ糸が…まさか…
うーん…編みもの、深いw

楽天市場>アルパカリミスト
楽天市場>キッドモヘヤマルチ

編み図のこと

なんと、本書は作り方の説明が海外式(海外パターンの直訳+日本式の編み図)なのです。


わたくし、つい先日にここのブログ記事で、
あの、とっても難解な日本式の編み図が、文章メインになるともっといいな…と(^^ゞ
(例えば「1段40目で、奇数段は表目を4目→裏目を4目を5回繰り返す、偶数段は裏目を4目→表目を4目を5回繰り返す、それを10段分編む」みたいな書き方+要所に写真か図解、じゃだめなんですかねぇ…?)
と書いたのですが、まさにその形!

これは嬉しいです…( T_T)

添えられた日本式の編み図も、
□=|
とか
□=ー
とか、略されてないんです。

嗚呼…素晴らしい。

この本でこの書式に慣れたら、次は娘ヘルガさんの本(英文パターン対訳付き)でアルファベットの羅列に目を慣らし、その次にいよいよ、英文オンリーパターンへ…ですかね?w

英語は苦手だけど英文パターンが気になるという私のような駆け出しニッターにはとても良い教材になりそうです。まずはスワッチから!w

逆に、日本式の編み図に慣れてる方にとっては少々読みにくいかもしれません。
うちの母(編み物歴50年以上)に見せたところ、作品は気に入るものがいくつかあったようですが、編み方のページを見るやいなや「うわ〜今更こんなん理解する気にもなれへんわ〜〜」と投げましたw

※2014/11/30追記

訂正や間違いがかなり多いようです。
Ravelryで、Tokyo Shawlを早々に編み上げた二人の方(yuuri123さんとyukayukarinさん)が21段目のミスを指摘してらっしゃったので、こういう本を代表するような作品でミスがあるってことは後で訂正がたくさん出るかも…と、実はその時点で少し予感はしていました。

現在、文化出版局の訂正ページにいくつか出ていますが、そこに載っていないミスもあるとか。(上記トーキョーショールの訂正も載っています)

うーん、困るなぁ。Ravelryのニッターさんのように、写真を見て『ここはAとなってるけどBじゃない?』と自力で解決できる方はいいけど、初心者的はすごく困ります(T_T)

コメント