Miknits 2014

去年のラインアップ…アランのキットやポンポンプレート等々に比べて、実はいまいちテンションが上がらなかった今年のMiknits。

しかし、なんだかんだで最終的になかなかの散財っぷりとなってしまいました。テヘペロ


…ほぼ日ストアは、出荷待ちの注文があれば、そこに後から「やっぱコレも」って追加するのがすごく簡単でイカンです。どんどん増えてしまった…

ニッターズバッグ

私はまだ編み物を外に持ち出して編む/編みたいという場面が無いので、ニッターズバッグと聞いても、他人事としか思わず…

特に前回は苦手なトートということもあって、早々に狩りの対象から外れたのですが、今回は大好きな斜め掛け。


リフレクターのネオンオレンジが手芸道具らしからぬクールさ。

ゴシック体の堂々すぎる英文プリントもカッコつけ過ぎな気がしてちょっと恥ずかしいんだけど、これだけデカデカとプリントしておきながら、なんの飾りもないフラップで隠せるところが気に入りました。

(ほぼ日より)

これがもしフラップの表にプリントされてたら買ってなかったと思う。
事実、Miknits 2014のページにアクセスして最初に目に飛び込んで来たこの商品画像では「フーン……2万!高っ!買う人おるんかいな」と思いました。…居ましたけどね、最短距離に。

(ほぼ日より)

逆に、もし本体にもフラップにも、ロゴも何も無かったら、それはそれで価格に疑問を感じて買わなかったと思う。
だったらkotonのショルダーでいいじゃん?ってなるし。

嗚呼、デザインって……。

サイズはかなり大きく、底にA4のニッターズノートが寝かせられるぐらいのマチがあります。体積的にも、1〜2泊の旅行に使えそうなぐらいデカイ。


正直、ここは半分ぐらいのマチ幅が良かった(^^ゞ けど、ごっつい帆布ではなく、くったり潰せる柔らかさなので、体には沿わせ易いです。
これだけ大きいのに内ポケットや仕切りは一切ないので、そこを使いづらいととるか、その分軽いととるか…。私はエルベのリュック等で仕切り無しに慣れてる(常備ポーチがある)ので、下手な仕切りがあるよりはこの方が好きです。

ジェイミソンズのキット

マーガレットのミトン…これはあまりにも可愛い過ぎて、アラフォーが身につけちゃイカンでしょ、と躊躇w

右下の蜂がまた上手いんだなこの写真(ほぼ日より)

かといって、私は紅茶・緑茶党でコーヒーが苦手なので、コーヒー豆柄は気が乗らない。
…あれ、本来は花柄らしいですねw

スケスケの編み地のカーディガンもマフラーもピンと来ないし、今回キットはスルーしようかなと思ったのですが…

前回のアランのキット同様、初心者向けの丁寧な説明(アメリカ式での編み込みが知りたい)がついてそうだし、もしかしたら、遠くから見たら単なる水玉模様に見えてアラフォーでもあまり痛々しくないかもしれない…と、無理矢理ポジティブキャンペーンを展開。

販売開始直前まで悩んで、きっと即完売だろうし買わずに後悔するより買って後悔じゃ!とポチ。 ←典型的な散財人


だけど冷静に考えると、ジェイミソンズって1玉25gで550円ぐらいとして、5色1玉ずつ買っても2,750円+1つの編み図で5,400円(+送料756円)というのは、かなりの割高。
…いや〜、ほぼ日さん、強気ですねー。
んで実際完売してるんだからたまらないwすごい。

追記

1)9/25:編み図の間違いと、紺の糸量がギリギリで予備分が入ってなかったというメールが届きました。正しい編み図と糸を送って頂けるようです。
販売開始から10分と経たずに完売したこのキット、まだ再販時期が発表されてませんが、影響出そうですね…

2)9/28:ニッターさんのブログで親指の編み図の誤りが指摘されていて、私も確認してみました。うん、間違ってますよねこれ(^^ゞ
ここに編み図を載せるわけにはいかないので説明しづらいのですが…編み図の「親指」の通りに編むと、完成写真の左手親指と左右反転した状態になってしまいます。おそらく編み図の「親指」は「右手親指(左手は左右反転)」なんでしょうね。右手親指は写ってないので想像ですが。

うさぎのニードルキャップ

バッグ同様、お値段が公開されて思わず「高っ」と口走ってしまったのですが。しかも一点ずつ着色してるから出来上がりにバラつきがあるという注意書きと、うさぎのお腹に見えるCHINAの文字に躊躇。

…いやいやでもほぼ日だし! 食玩レベルじゃないはず!と信じて買ってみました。


届いてみると、まぁ…お値段なりの価値があるかどうかは微妙なライン…人によると思います(^^ゞ
見ての通り、かなりカワイイことと、食玩レベルの造型でないことは確かです。…最近の食玩は分かりませんがw 手に取ってみると、毛並みが細かくて驚きました。

『これカワイイかぁ?!』と思う人は対象にしてません。普通の棒針キャップが6個500円ぐらいであるのでそちらへどうぞw
(でも棒針キャップってぶっちゃけ使わないよね…?)

ニードルゲージ


ニードルゲージはTulipのCarry-C Longのセットに付いてたのを持ってるんだけど、色もデザインも最悪で今すぐ捨てたいレベル。

Miknitsのこれは、ステンレスに刻印+白インク、丸ゴシック。

傷防止シートをぺろっと剥がすと…
しゃっきーーーん! ふつくしい…!

う〜ん、いい仕事してますねぇ(中島誠之助)

…正直、竹針の号数表示がすり切れるほど編みまくる予定も時間も自信もないので、一生使わない可能性大なんですが。
でもこれ以上にクールでかわいいニードルゲージには今後出会えないだろうと。
(こういう買い方をしている限り、どんなに断捨離しても物は減らないのだろうなぁ…嗚呼)

ヤーンカッター

裏側。クロバーの商品なんだけど、日本ではほぼ日でしか売ってないという隠れレアアイテム

モバイル編みをしない私にとってはあまり意味の無いアイテムなんですが、Miknitsの説明文にあるように、メダルのようなペンダント型ってところが、なんだかお守りのようで良いんですよね…
去年買えなかった悔しさもあり、意地での購入。

台紙の柄、かわいいよね

ニッターズノート

こちらも去年からの継続商品。

ヤーンカッターのかわいい台紙と同じ柄、マリコメッコ柄を表紙にあしらったニッターズノートも購入してみました。


去年は棒針編みを始めたばかりで、A4サイズでたった80ページのノートという消耗品に1,000円は無いわーと引いてしまい…まぁ一年経った今もその割高感は拭えきれてはいないのですが。

今回、商品画像をちゃんと見てみると、チラ見えしている「編みもの道」がツボってしまったのです。こんなのがあったんですねぇ。

はじめてさん→作り目→表目→裏目→編み目を数えられる→往復編みと輪編みができる→【お勉強タイム】編み図が読めるようになる→…
うんうんうん、そうそう、私いまココだわ! みたいな。
この先どんな編みもの道が待っているのだろうと、全体を見たくなってしまった。上手いなぁ。

で、私のようなド素人がこんな高価なノートを使ってオリジナルをデザインするとかもったいなさ過ぎるし、かといって、使わずにとっておくのもそれはそれでもったいないことなので、とりあえず、三國さんの既刊本に登場した星や花のパターン、マリコメッコ柄などを書き写して「三國柄ノート」にしようと思ってます。

自分用は、普通に売っている方眼ノートかルーズリーフを買うつもりです(^^ゞ

5ミリ方眼で、10マス毎に太線が引かれてます。これは他にないかも…

ダイヤモンド毛糸 特選あみ針 短5本針 3号

マーガレットのミトンの指定針。短針3号は私も母も持ってないので、ついでの購入だったのですが、これ、先が尖っていて編みやすい気がします。

去年のアランのキットはクロバーの匠で編んだのですが、とてもしんどかった…ほぼ初めての棒針編みで手が慣れてなかったことや、フランス式が向いてなかっただけかもしれませんが…


…以上です。

次の祭りは、三國さんの新刊ですね。
やっぱりここが本命、もとい、本祭でしょうね。

できれば10月中旬以降の発売にして欲しい。
今月はもう懐がかなり寒いです。ブルブル

コメント