シューケア用品 自分用まとめ

先日、初Tricker'sを購入したところ、店頭でシューケアの無料講習会をやっていて、ちょうど買ったばかりの靴をその場で手入れして頂きました。
そこで、今まで自分がしていた手入れがいろいろ間違っていた事に気付き、道具も足りないことが判明したので、楽天イーグルス日本一セールでまとめて買っちゃうことにしました。

手入れの順に商品を並べています。
講習で教えて頂いた内容も併記してみました。参考までにどうぞ。

※特に記載がない場合、すべて楽天市場の「靴のシナガワ」さんのリンクです。

クレンジング


ブラシで埃を落としたら、まずはリムーバーでクレンジング。
見た目に汚れていなくても、前回塗った古いクリームや、汗から出た塩分などをしっかり落とします。

リムーバー


クロス


この布に上記のクレンジングを2〜3滴垂らし、親指・人差し指・中指の3本の指で軽く揉み込んで布に馴染ませて磨いてました。


保湿・保護用クリームを塗る


私は今まで布で塗ってましたが、クリームが革よりも布に吸い込まれて無駄になるので、ブラシの方が効率が良いそうです。
また、重なった革の段差や、メダリオン(ウィングチップ)の細かいデコボコにもしっかり塗れます。
しぼのある革にも良さそうです。

クリーム塗布用ブラシ


ショップで使っていたのは、こんな感じの丸形でした。毛質は不明。


角形もレビューが良いので気になります。

大きいブラシ


埃や粉塵を落とすために一つは持っているけど、クリームを塗り広げるためにも使うようです。なので、手持ちの埃用とは違う色のものを追加購入。
小さいブラシでつま先に塗り広げたクリームを、この大きめのブラシを使ってさらに広範囲に、かかと方向へ伸ばし広げる感じで動かしていました。


クリーム


新品のうちは、色を加えたいのでなければ、透明でいいらしい。
ショップで使っていただいたのは、一番上のタイプかな?

モゥブレイの3つのクリームの違いはこちら(無色クリームのお話│<シューケア情報>R&D直伝!正統派のシューケアウンチク)が参考になりました。
成分にロウが少ない=つや消しに近い、ロウが多い=ツヤツヤになる、で、デリケートクリームは前者のようです。

日焼けなどで色あせてきたり、傷が目立ってきたら、色付きのものを買い足そうと思います。


仕上げ


最後に乾拭き。

グローブクロス



私が買った靴にしていただいたお手入れ、それに使っていた道具(+α)は以上になります。

倉庫から出したばかりの靴は少しカサカサしていましたが、手入れしていただいた方はツルツルでした。
触って分かる微妙な差でしたが、まるで冬の手の皮膚のようだなぁ〜と思いました…若い人には分からないかもですが(^^ゞ

このように、買ってきたばかりの新品の靴も、在庫中に革が乾燥しているので、手入れした方が良いそうです。
同様の理由で、その靴を履こうが履くまいが、汚れていようがいまいが、月に一度はお手入れを、とのことでした。

参考になれば幸いです♪

コメント